群馬県性暴力被害者サポートセンター Save ぐんま

身近な人が性暴力被害にあったら

性暴力被害者等への対応

強姦、強制わいせつ等の性犯罪・性暴力等は、被害者の尊厳を踏みにじり、身体的のみならず精神的に極めて重い被害を与える犯罪・暴力で、「魂の殺人」ともいわれています。被害者に対する偏見や対応の仕方によって、性暴力によって傷ついた被害者の心はさらに深く傷ついてしまいます。

勇気を出して被害を打ち明けても、責められたり、叱られたり、話を聞いてもらえなかったりということがあると、その苦痛や絶望から、苦しい胸の内を誰にも話せずに時間だけが経過してしまい、場合によっては精神疾患に至ることもあります。

また、被害者は、既に二次的被害に遭っているかもしれませんので、慎重かつ十分な配慮が必要となります。

皆さんに知って欲しいこと

○回復の助けとなること
  • そばに寄り添い、話にしっかり耳を傾ける
  • 買い物など、現実的な困りごとへのお手伝い
  • 怒りや悲しみの感情を否定せずに受け止める
  • 体調不良が続く場合、病院や相談機関への受診を勧める
×回復を妨げること
  • 興味本位で事件の話を聞き出そうとする
  • 被害当時の被害者の行動を非難する
  • 知り合いや報道機関へ無責任な噂話をする
  • 自分の価値観を押しつけ励まそうとする

支援者の皆様へ

「性犯罪等」には、強姦、強制わいせつをはじめ、セクハラ、性的虐待、児童ポルノなど様々な事象があります。

さらに、被害者一人一人の背景や心情はそれぞれに異なり、対応も個々に異なります。

支援者も一人で悩まず、まずは、同じ組織の信頼できる同僚や上司に話をし、チームで対応することが大切です。

また、性犯罪等の被害からの回復や、事件の解決のためには専門機関との連携が必要な場合もあります。

被害者には、専門機関の支援が必要であることを根気よく伝えて、同意を得た上でつなぐことで、二次被害を防止します。

被害者の意に沿わない支援は、二次被害を発生させる原因になります。

支援の基本

  • 過度に被害者の感情に振り回されず、安定した態度で対応しましょう。
  • 被害者の気持ちに耳を傾ける時間を持ち、被害直後に不安を抱いたり、混乱していても、それらは自然な反応であることを理解しましょう。
  • 被害者には、誠意をもって対応し、信頼関係をつくることに配意しましょう。
  • 被害者が、他人から見られず、落ち着いてゆっくり話せる環境を選びましょう。
  • 被害者の話に耳を傾け、丁寧な言葉で、事実の確認や情報を得ることに徹しましょう。
  • 被害者には、話をしてくれたことをねぎらい、安易なはげましをしたり責めないようにしましょう。
  • 家族には、「悪いのは加害者であって、被害者には責任はない」ことを説明し、被害者を受け入れ、穏やかに接するよう心がけることを理解してもらいましょう。

適切な支援機関への橋渡し(途切れのない支援)

相談を受けた場合、被害者にとってどのような支援が望ましいのか検討し、支援機関につなげることが重要です。

その場合は、本人に必要性を説明し理解してもらい同意を得た上で行います。

年齢などによっては、保護者の同意を得ることになります。

しかしながら、身体に深い傷を負っている場合、性交され緊急避妊が必要な場合などは、できるだけ早く医療機関を受診させてください。緊急避妊薬は、発生から72時間以内に服用すれば、その効果が高いと言われています。

ご相談はこちらまで

▲TOP