群馬県性暴力被害者サポートセンター Save ぐんま

もしも、性暴力被害にあったら

一人で悩まずできるだけ早くお電話ください。

  • まずは、安全な場所へ移りましょう。
  • 当センター受付時間内であればお電話ください。
  • 協力病院をご紹介します。安心して検査・治療を受けられます。
  • 被害後72時間以内であれば緊急避妊薬を処方してもらえます。

ご相談はこちらまで

「Save ぐんま」受付時間外は、警察への通報をお勧めします。 警察では、あなたの安全を考え病院受診などの手当を優先します。

詳しくは「警察のできる支援について」をお読みください。

できれば証拠を保存しておくことをお勧めします

「被害届」や「告訴」についてどうするかわからないけれど、今後「告訴したい」と思う時が来た時のために、証拠を保存しておくことをお勧めします。

  • 被害にあった時に着ていた衣服(下着も含め)はすべてそのままで、もし可能ならそれぞれ1枚ずつ個別のビニール袋に入れてしっかり口を締めておいてください。
  • 警察や病院へ行く前に入浴等による身体の洗浄はなるべくしないでください。
  • 被害の際に身体についたものを拭い取った場合は、拭い取ったもの(タオルやティシュなど)も捨てずに、それぞれ個別のビニール袋に入れて保管してください。

※「残した証拠を使わない」という選択は後からできます。まずは残しておくことをお勧めします。

ご相談はこちらまで

▲TOP