被害後のからだとこころの変化

ショックな出来事を体験すると、からだとこころにいろいろな変化が生じます

誰にでも起こりうる当然の反応です ※個人差があります

あなたは悪くありません

からだの反応

  • 眠れない
  • 食欲がない、過食になる
  • 腰痛、腹痛、下痢
  • 動悸がする
  • 体が緊張する  など

こころ・考え方の変化

  • 不安や恐怖に襲われる
  • 出来事のことを思い出したくないのに思い出す
  • イライラして怒りっぽくなる
  • 気持ちが不安定になり、気分が落ち込んだり、無気力になる
  • 自分が悪いと自分を責める   など

行動の変化

  • 人に会うこと、話すことを避ける
  • 一人ではいられない
  • 学校や仕事に行けない、取り組めない
  • 外出できない
  • 自分を傷つける  など

これらの辛い症状が続く場合は、医療機関でこころのケアを受けましょう

回復のために役に立つこと

  • 無理をせず、しっかりと休養する
  • 信頼できる人に相談する
  • 安心できる場所にいる
  • ゆっくりと深呼吸したり、心が心地よいと感じることをする
  • 睡眠、食事、入浴、体を動かすなど、なるべく普段どおりの生活をする

参考資料(外部リンク)

SHARE

お知らせ

関係者・支援者向け専門研修のご案内

R5年度Saveぐんま 専門研修のご案内(下半期)(PDFファイル)

性暴力被害に関する研修のご希望がありましたら、事務局までお問合せください

Saveぐんまのリンクをお願いします なお、リンクを貼っていただいた際は、お手数ですが事務局までご連絡ください

事務局・お問い合わせ Saveぐんまイメージキャラクター せーぶん

平日(月~金曜)9時~17時

027-329-6215

info@savegunma.jp

▲TOP